汗は男の香水・伊藤祐基のブログ

汗をかきながら揉めないための相続を研究している名古屋市の司法書士・行政書士です。『揉めない相続研究所』 自分の考えや、相続のこと、思ったことなどを自由に書いていきます。

コミュニケーションの橋渡し

私は相続対策で一番大切にしていることは、『より良い家族関係を継続させること』

その目的のために、いろいろな手段がある。

 

民事信託は、生前に家族が話合いをするのに、ピッタリな方法。

大事なのは、生前にすること。

 

相続で揉めると、お互いに疲弊する。

そして一瞬で親族関係が崩壊する。

 

そうならないために、基本的には事前に話すこと以外はない。

法律という道具でいらく防御しても、感情という武器で簡単に人の心は傷つく

 

 

だから、私は法律と感情を駆使して、コミュニケーションの橋渡し使命としている。

是非、そんな思いを聞きに来てください。

 

f:id:fakeshidouroom:20170807190327j:plain

 

『解釈』と『事実』を区別すること!

SMGグループに在籍させてもらってた時に、『すごい会議』というものを体験させて

もらった。

 

そこですごく勉強になったことがある。

 

それは、『解釈』『事実』を区別すること!

 

もう少し説明すると、

今はあなたが話していることは、自分の主観や意見なのか?それとも明らかなデーターや事柄なのか?を区別すること。

 

例えば

 

孫正義はお金持ちである。』

これは『解釈』ですか?それとも『事実』ですか?

 

皆さんはこの質問に、どう答えるだろうか?

 

 

 

当然これは、『解釈』となる。

 

世界の大富豪である

ビルゲイツMicrosoft

アマンシオ・オルテガZARA

から孫さんを見れば、お金持ちかどうかは、断定できない。

 

一般論からすれば、孫正義はお金持ちだと思うが、

このルールからすると、間違いなく自分の主観である。

 

つまり立場によって、変動するものは『事実』ではないということ。

 

 

先ほどの孫さんのお話を『事実』ベースにして話をすると

孫正義は、財産法人「東日本大震災復興支援財団」に40億円、

赤十字や自治体に60億円を寄付した。』

 

そしてこの『解釈』『事実』を社内会議でも区別して話をすることが

大切だと教わった。

 

会議には、いろいろな立場の人がいる。

話す人の地位・肩書によって主観も変わる。

主観という『解釈』よりも、明らかなデーターである『事実』の方が、

言葉の説得力や信頼性が上がり、議論がしやすくなるらしい。

 

これは会議に限ったことではない。

日頃の相談ごとやコミュニケーションでもきっと役に立つのだと思う。

 

今自分が話していることが、『解釈』なのか?『事実』なのか?

を意識するだけで、会議の密度が変わりますよ!

 

オススメです。 

 

 

ただし、妻との口喧嘩の時には、絶対に用いていけません。

喧嘩の時間が長くなります・・・・(笑)

 

秘伝すごい会議

すごい会議ワークブック2014‐15

Costco VS 在庫問題 

岐阜羽島Costcoが出店してから、何度も行くようになった。

ちょっとしたアミューズメント施設のような感覚があるので、なんかワクワクして楽しい。

しかも、美味しいものがたくさんある。

大好きな場所です。

 

でも問題もある。

ついつい買い過ぎることだ。

 

ご存知のとおりCostcoは一つの商品の量が、かなりある。

 

パン

お菓子

お肉

キッチンペーパー

お魚

 

どれをとっても大量に入っている。

 

つまり家の在庫が増える。

その分、家のスペースが無くなる。

整理整頓に時間がかかる。

快適な家になりづらい。

 

商売でも同じだと思う。

なるべくなら、在庫は抱えたくない。

少しでも早く在庫は処理したい。

 

『必要なものを、必要な時に、必要な分だけ』

まさにこれが理想だろう。

 

 

それでも週末Costcoに、行きたい!

在庫を買いに行きたい(笑)

 

在庫は、悪魔でもあり、天使でもある。

 

f:id:fakeshidouroom:20170817100004j:plain

 

 

「やりたい」から「やる」へ

何度も読み返してしまう本ってありませんか?

 

その一冊にこの本があります。

 

「言う」から「生きる」へ

「やりたい」から「やる」へ

 

人としてどう生きるのか?

いろいろな気づきをいただきました。

 

朝からのこの本を読むと、パワーをもらえます。

 

 

 

ダイエットは経費削減と似ている。

10年以上前にダイエットをしたことがある。

ダイエットを始める前は、体重60kg75㎏になってしまった。

ちょっとズボンがきつくなったなと感じてはいるものの、

体重計で測ることは無かった。

 

そしてある時に体重計に乗って、自分の体重に愕然とした。

 

そこからダイエットを決心し、ひらたすら食べることを我慢する生活が続いた。

その時のモチベーションだったのが、「毎日測る体重計」だった。

 

毎日、体重に乗って、体重を測ることだけが、楽しみ。

そして体重が下がることが、この上ない喜びだった。

 

結果的には54㎏まで絞ることができた。

(不健康な痩せ方したので、体の抵抗力が極端に下がり、風邪をひきやすくなった。

 食事制限のみのダイエットはオススメしません・・)

 

何が言いたいのか・・・。

このダイエット経費削減と似ていると思った。

 

知らず知らずのうちに使ってしまう経費。

でも毎日今日はいくら使ったのか?

今週はいくら使ったのか?

今月はいくら使ったのか?

 

これをするだけで、大きく経費の無駄遣いが無くなる。

 

なぜならば、削減した分だけ利益が残るのだから。

もちろん節税という誘惑も来るだろう。

 

ダイエットしていた時も、友人との食事会の時はついつい食べ過ぎてしまう

こともあった。

 

売上-経費=利益

この原則を常に頭に入れて置かないと、無駄なお肉(経費)がついてしまう。

 

毎日経費を確認することは、きっと大切なことだ。

 

 

 

焼肉屋さんの行列に並びにながら、そんなこと思い出しました。

ちなみに現在は64kgです。

 

www.localplace.jp

 

笑顔で話しかければ、相手は必ず笑顔で答えてくれるのか?

笑顔で話しかければ、相手は必ず笑顔で答えてくれるのか?』

 

昨日そんな実験をしてみた。

 

名古屋JRゲートタワーに行き、いろいろなお店の従業員に喋りかけてみた。

 

喋りかけるときのルール、必ず僕が笑顔であること

 

書籍店

香水販売

電化製品販売

洋服

カフェ

雑貨屋

など

合計8人と話した。

 

実験の結果は8人とも笑顔で答えてくれた。

 

そもそも僕が笑顔で近づいていくだけで、話しかける前から相手の顔が笑顔に変化する人もいた。

笑顔武器になると確信できた。

 

でも、上記の話を妻にしたら、ドン引きされました。

f:id:fakeshidouroom:20170812232114j:plain

 

 

 

 

ありたい姿こそ、自分の人生におけるビジョンなんだ。

私は、「揉めない相続の専門家」になると決めている。

そのために、提案力+解決力+営業力を磨いている。

 

だけど、本当の目的は「揉めない相続の専門家」になることではない。

『1人でも多くの家族が、より良い家族関係が継続することである。』

 

職業や地位に憧れを持っているわけではなく、私が携わることで

本当の目的が達成されることに意義がある。

 

そこが私の一番の喜び。

 

その喜びを沢山の人に届けるためには、組織力や資金力が必要になる。

だからこそ士業である私にも営業力が必要となる。

 

ありたい姿こそ、自分の人生におけるビジョンなんだ。

 

f:id:fakeshidouroom:20170809165836j:plain