汗は男の香水・伊藤祐基のブログ

汗をかきながら揉めないための相続を研究している名古屋市の司法書士・行政書士です。『揉めない相続研究所』 自分の考えや、相続のこと、思ったことなどを自由に書いていきます。

万年筆は心地良い!

「読書」という漢字を分解すると、『読んで書く』ですよね。

 

私、最近は本を読むことはあっても、書くことは少なくなりました。

 

ほぼ、文を書く→キーボードをたたく に変わっています。

 

たまに書いてみようと思い、最近万年筆を使いだしました。

 

この万年筆は、5年ぐらい前に、とある税理士さんに頂いたものです。

 

商売の本質を教えてくれた方です。

 

 

万年筆には、バックスペースやデリートという機能が無いので、慎重に書きすすめることになります。

 

それが私にはとても新鮮でした。

もう一度、書くことに慣れていこうと思います!

f:id:fakeshidouroom:20180801101408j:image