汗は男の香水・伊藤祐基のブログ

汗をかきながら揉めないための相続を研究している名古屋市の司法書士・行政書士です。『揉めない相続研究所』 自分の考えや、相続のこと、思ったことなどを自由に書いていきます。

人は心を動かされた時に動く

仕事柄たくさんの相続のご相談を受けます。

その相談内容も様々です。

 

円満な家庭もあれば、そうでない家庭もあります。

心配性の方もいれば、楽観的な方もおります。

 

私の相談に対するスタンスとしては、まず依頼者の気持ちを聞くこと、そして次に

解決すべきことは何かを、確認していきます。

 

ただお話を聞くうちに、そのお客様の背景や説明から

ついつい入りすぎてしまうこともあります。

 

先日の相談のことです。

□年金時給者の方で、評価額の高い不動産をお持ちの方がいらっしゃいました。

□その不動産は、現在の居住地から遠方にあり、簡単に行き来できませんでした。

□固定資産税・維持管理の金額だけで年間70万円以上あり、今までのトータルで負担額だけでも合計何百万円。

□売却も希望しているが、なかなか売れなず、管理費用が家計を圧迫しているようでした。

 

そこで私は、

□仲介業者さんと売却価格の再設定

生産緑地指定の申請

□市町村への寄付

等を提案して、それぞれ交渉をしました。

 

結論としては解決方法を見つけることができ、お客様からも喜んでもらいました。

 

この時、改めて思ったのです。

私の仕事は、予防問題解決だなっと。

 

司法書士行政書士という肩書の前に、まずは相談者の問題解決にどこまで

真摯に向き合えるのか?

そして、その思いを事業として、どのように成り立たせていくのか?

この2つを常に考える必要があるんだなと改めて感じました。

 

そしてもう一つ気づいたことがあります。

「人は、心を動かされた時に、行動する。」と何かの書籍で読んだことがあります。

期待を超える感動は何か?

その答えは、私自身が事業を行っている限り、常にブラッシュアップさせていく必要があるなって思いました。

 

お客様の相談から、たくさんの事を学ぶことができました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村  

 

 

 

f:id:fakeshidouroom:20180502174537j:plain