汗は男の香水・伊藤祐基のブログ

汗をかきながら揉めないための相続を研究している名古屋市の司法書士・行政書士です。『揉めない相続研究所』 自分の考えや、相続のこと、思ったことなどを自由に書いていきます。

悔しさで汗がでることもある。

以前のお客様が、1年ぶりに私に携帯電話に電話くれた。

 

その方は元経営者で、今は悠悠自適な生活をしている。

 

私は別の電話に対応していたので、その方からの電話に対して

 

「申し訳ございません。すぐに出ることできないので、後からかけ直しさせていただきます。」

というメッセージを送信した。

 

そして数分後、改めて折り返し電話した。

 

その方が、開口一番

『まだ商売が上手くいっていないな』と

私に言ってきた。

 

理由は、『電話に対応できるスタッフを雇っていない』からだそうです。

 

その言葉に対して、

私は何も言い返せなかった。

 

悔しさでまた汗が出てきた。。